主要機能
エントリー/ベリファイ(再ベリファイ)/強制修正/検索/一括修正
 イメージ(OCR)処理機能を含めたデータエントリー機能(連記式帳票も可)、ベリファイ
 機能、入力データの検索機能、入力データの強制修正/一括修正機能が標準機能とし
 てご使用いただけます。

※遠隔地(営業店)からのイメージデータの受付も可能となっております。

 エントリー
 入力伝票をバッチ単位に纏めて、エントリするための機能
バッチ番号入力画面 サンプル明細入力画面
画面をクリックすると大きな画面が表示されます。
 ベリファイ(再ベリファイ)
 エントリ完了したデータをバッチ単位にベリファイ(再ベリファイ)する機能
 強制修正
 バッチステータス(ベリファイ完、抽出完等)に関係なく画面から入力済
 データを強制的に修正する機能
 検索
 画面から、入力済データをキー指定(自由に設定可)で検索表示する機能
 一括修正
 入力済データの指定項目の一括変更(AをBに変更)ができる機能
ベリファイ相違時の即時訂正
 ベリファイ相違時にお知らせメッセージが表示され、データの即時訂正が可能と
 なっております。
メッセージ画面
複写入力
 自動的(パラメータ指示による)または、オペレータ操作により、直前入力レ
 コードと同一位置項目のコピー入力が可能となっております。
入力画面の切替
 パラメータ指定による自動切替及び、メニュー方式による選択切替が可能と
 なっております。
プルーフチェック
 バッチ内の最大10種類の入力件数や合計金額の照合(合計値の表示のみも含む)が
 可能となっております。
プルーフチェック画面
画面をクリックすると大きな画面が表示されます。
サブルーチンの呼び出し
 画面単位、項目単位に特殊な入力チェックを行うことができます。
定義方式 業務単位に業務パラメータ、合計パラメータ(※1)、画面パラメータ、項目パラメータ(※2)を専用画面より定義

 業務パラメータ・合計パラメータ(※1)  画面パラメータ・項目パラメータ(※2)
画面をクリックすると大きな画面が表示されます。
業務数 最大999業務
画面数 最大99画面/業務
項目数 最大900項目/画面
項目長 英数字項目 最大50桁
数値項目 最大14桁
カナ漢字項目 最大50桁
項目名セット項目 最大20桁
調整画面 入力項目名の表示位置の調整
入力項目の入力位置の調整
画面サイズの調整
イメージ表示位置の調整、スクロール幅の調整
フォントサイズの調整
件数/合計プルーフ項目の表示位置調整
サンプル画面1  サンプル画面2
サンプル画面

画面をクリックすると大きな画面が表示されます。
出力ファイル フラットファイル 最大1024桁
CSVファイル
業務翻訳 定義パラメータの翻訳

文字属性チェック 参照マスターとの存在チェック
マスターチェック
数値範囲チェック
日付チェック 暦日チェック
営業日チェック
期間チェック
入力必須チェック  
プルーフチェック バッチ件数プルーフ
バッチ合計金額プルーフ
画面内合計金額プルーフ

作業制限 実行可能な作業を担当者権限により制限できます。
業務数 最大999業務
データ数 最大999,999バッチ/業務
最大999,999明細/バッチ
進捗管理 各業務のバッチをエントリー〜べリファイ〜抽出迄の進捗管理が可能です。

照会画面  詳細画面
画面をクリックすると大きな画面が表示されます。
データ抽出 抽出業務単位に複数バッチをまとめて、フラットファイル又は、CSVファイルに出力できます。(下図抽出画面参照)
又、抽出が正常に終了した場合は、データ抽出結果リストが印刷されます。
抽出画面  データ抽出結果リスト
画面をクリックすると大きな画面が表示されます。
再抽出 抽出業務番号、抽出日、回次、バッチ番号を指定した再抽出が可能となっております。
統計表 業務別オペレータ別、オペレータ別業務別に日報/月報の出力が可能となっております。
日報/月報
画面をクリックすると大きな画面が表示されます。
データ印字 指定した入力データの印字が可能となっております。 クリックでサンプル表示

オペレータテーブルの管理
 オペレータ番号、名前、暗証番号、権限等の管理ができます。
参照テーブルの管理
 自行店番チェック情報等の管理ができます。
カレンダーテーブルの管理
 休日、祝祭日、ハッピーマンディー、元号範囲等の管理ができます。
フォーム情報の管理
 画面の背景色、入力項目の背景色、挿入時の項目背景色、訂正時の項目背景色、
 検索時の項目背景色、エラー文言の背景色等の管理ができます。
プリンタ情報の管理
 使用可能プリンタの選択ができます。
ファイル形式
 業務単位に「フラット」、「CSV」の設定が可能です。(CSV抽出の場合、項目セパレータの選択も可能)
コード形式
 フラットファイル抽出の場合、システム単位に「Shift JIS」、「EBCDIC」コードが選択可能です。(漢字コードは「Shift JIS」、「JIS」、「EUC」が選択可能)
出力媒体
 システム単位に「FD出力」、「FTP転送」の選択が可能です。